クラウドソーシングという働き方について

私がクラウドソーシングに出会ったのは、主人との結婚を考えだした頃でした。
彼は全国各地へ転勤する職に就いています。
彼が折に触れて言うのが「結婚したら転勤についてきて欲しい」でした。
人一倍の寂しがり屋と言っても過言ではない彼ですから。
単身赴任など考えていなかったのでしょう。
お付き合いした当初からそう言われ続けていたので、私は自分の仕事についても考えざるを得ませんでした。

私は当時、地元の広告代理店で中間管理職に就いていました。
もし彼の転勤に就いていくのであれば、私は退職しなければなりません。
ライターとして働いていた経験を活かすべく模索したところ、インターネット広告でクラウドソーシングの存在を知りました。
 

クラウドソーシングは、仕事を依頼する側と受注する側を仲介する役割を担っています。
どういう仕事があるのか、どの仕事をするといくら稼げるのか、それが明記されています。

そして、仕事を受ける側も、どのような仕事を求めているのかをオープンにすることが出来ます。
 

クラウドソーシングを利用して仕事をする際には、自分のニーズに沿って仕事をチョイスすることもあれば、依頼する側からのオファーを受けることもあります。
ある程度サイトで実績を積めば、依頼側から条件の良いオファーが来ることも多いですね。

私の場合は、月契約している会社から「1本2,000文字以上/1,500円のまとめ記事」を月に60本ほど受注し、空いた時間には「1,000文字/500円でブログ記事作成」などの単発依頼記事を執筆しています。
 

クラウドソーシングを利用して働くと、自分の好きな場所で、自分の好きな時間だけ仕事をすることが可能になります。
結婚に伴って転勤を余儀なくされた私にとって、こうした働き方が出来るのは有り難い限りでした。

現在はまだ子供がいませんが、これから先、計画もあります。
子供が生まれた時、1日30分だけでもライティングが出来れば収入を得ることが出来ますよね。

外で働くことは無理だという方でも、クラウドソーシングを利用すれば無理なくスキマ時間を利用してお金を稼ぐことが出来るという訳です。
 

今現在、ご主人の収入のみで生活しているという主婦の皆さん、数万円のお小遣いをスキマ時間で稼げるとしたらどうでしょう?
自宅にいながら、ママ友とのランチ代がGETできるのです。

ご主人に「買いたいものがあるんだけど…」と、申し訳なさそうにお願いしている方、今日から自分でお小遣いを稼いでみませんか?
本業としてガッツリ稼ぐも良し、スキマ時間を利用してお小遣い程度を稼ぐも良し。
クラウドソーシングなら、好きな働き方を選ぶことが出来ますよ。

登録もいたって簡単です。
これを機に、クラウドソーシングを利用して在宅ワークデビューしちゃいましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る