確定申告をする必要はあるの?

クラウドソーシングを利用して報酬を得るようになると、気をつけなければならないのは確定申告です。
私自身、会社員だった頃は会社が申告を代行してくれていた為、確定申告に関することは丸投げでした。
ところが、クラウドソーシングでお金を稼ぐようになった今では、自分で確定申告をしなければなりません。

さて、クラウドソーシングでいくら以上稼ぐようになったら確定申告をする必要があるのでしょうか。
 

<確定申告は必要か?>

まず、個人事業主として確定申告が必要になるラインがあります。
それは「1年間の事業所得が38万円を超える人」と定められています。
この38万円というのが、所得税における基礎控除額になります。

働いている人であれば誰でも受けられる控除で、この38万円という金額は所得から差し引いて税をかけますよ、といったものです。
つまり、年間所得が38万円以下であれば確定申告の必要はありません。
 

ここでいう”所得”とは、収入から必要経費を引いたものになります。
例えば、年間収入が50万円あるとします。
しかし、経費が15万円かかっていたらどうでしょう。
所得は「50万円ー15万円=35万円」となり、38万円以下になりますよね。
この例だと納税の義務は生じません。

自宅で仕事をする方なら、家賃や電気・水道代なども、全額ではありませんが何割かが必要経費として認められます。
喫茶店などで仕事をしているという方は、その際に飲むコーヒー代なども経費として計上することが出来ます。
月に2~3万円ほどのお小遣い稼ぎにクラウドソーシングを利用したい、という主婦の方であれば、得た収入を確定申告をする必要はないという訳です。
 

さて、最初の頃は月収が2~3万円でも、次第に大きな仕事を出来るようになったとしたらどうでしょう?
その際には確定申告をして納税をおこなう必要があります。

申告していないことが税務署の調査で発覚した場合、追徴課税を徴収されてしまいます。
ペナルティとして、本来の税金以上に税負担が増すことになるので、無申告はオススメできません。
重加算税や延滞税などもかかってくるため、しっかり申告しましょう。
 

確定申告の方法がわからない方は、インターネットで調べて独学で学ぶのも良いですが、1度税務署へ相談に行くのもオススメです。
フリーランスの方向けに、定期的に無料の勉強会が開催されています。
そういった勉強会に参加すると、確定申告の方法がわかりますよ。

確定申告のソフトやアプリをダウンロードすれば、経理の知識がなくとも簡単に帳簿をつけることが出来ます。
家計簿感覚で数字を入力するだけなので、初心者でも大丈夫です。
 

フリーランスの友人たちにおいては「やよいの青色申告オンライン」「freee」「MFクラウド確定申告」を利用している人が圧倒的に多かったです。
確定申告もクラウドの時代なのですね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る