稼げる人に共通する3つの特徴!

「クラウドソーシングでお金を稼ぐのは簡単です」とは、残念ながら言い切れません。
というのも、最初のうちは1日に数百円しか稼げないという状況もあり得るからです。
稼げる人と稼げない人の差がハッキリ出てしまうと、私は思っています。

皆さんには是非「稼げる側」になっていただきたいです。
そこで、稼げる人の特徴を3つご紹介したいと思います。
 

1.月にいくら稼ぎたいかという目標がある

あなたは月にいくら稼げるようになるのが目標ですか?
お小遣い程度で2~3万円ほど稼げばOKという方もいれば、10数万円は稼いで家計の足しにしたいという方もいるでしょう。
クラウドソーシングを上手に活用すれば、ガッツリと30万円以上稼ぐことも可能です。

重要なのは、そのような目標を明らかにしているということです。
月にどれだけ稼ぎたいかが明らかになっていないと、仕事が中途半端になってしまいます。

  •  月にいくら稼ぎたいのか?
  • 1日に何時間働けるのか?
  • 週に何日働けるのか?
  • 単価がいくらの仕事を何本するのか?

これらを突き詰めていくためにも、目標設定は大事なのです。
 

2.自分を売り込むスキルに長けている

最初のうちはタスクなどの単発案件をこなして、コツコツと報酬を得ていくしかありません。
しかし、いつまでもそのような受注方法では、稼げるフリーランサーにはなりません。
ある程度の実績が付いたら「交渉」という手段を最大限に利用してください。

私は今までこのような仕事をしてきました、ということを示します。
その上で、あなたが募集しているお仕事は◯円以上であれば引き受けますよ、という交渉をするのです。
すると、クライアントによっては意外とすんなり条件をのんでくれます。

そうでない場合でも、お互いの妥協点を探して、その条件で契約を結ぶことが出来ます。
相手が提示している金額で受注するのが全てではありません。
稼げる人は交渉を有効活用しているのです。
 

3.基本をしっかり学んでいる

稼げる人は、必ずといっていいほど「仕事が出来る人」です。
仕事を発注する側も、仕事を迅速にかつ丁寧にこなしてくれる人に依頼したいですよね?
なので、少し高い金額を支払ったとしても優秀な人に仕事をお願いしたいのです。

さて、優秀な人になるためには、どうしたら良いのでしょう。
それは、仕事に関することを勉強しているか否か、というところで差が出てきます。

私のようにライターとして文章を納品する仕事をする人の場合、その違いが明らかです。
文章を書くスキルを学んでいる人が書く文章と、そうでない人が書く文章には決定的な違いがあります。
文章のプロは、相手がスラスラと読めるような文章を書くコツを知っているのです。

そのようなスキルを学ぶにはどうすれば良いのか…。
答えは1つ、最初にしっかりと学んでおくことです。

「勉強する」と言っても、何ヶ月も勉強が必要ということはありません。
ほんの数日間、1日1時間勉強するだけで、基本的なスキルは身につきます。
この手間を怠ると、いつまで経っても自己流の仕事しか出来ません。

仕事をしながらでも構いませんので、スキルを磨く努力をしましょう。
きっと、稼げるフリーランサーになれますよ。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る