在宅WEBライター養成セミナーPart.2 在宅WEBライターとは?

今日からあなたもプロライター『水原咲のライティングセミナー』
第2回 在宅WEBライターとは?

■家事や子育ての合間に出来る仕事とは?

  • アンケートモニター
  • 商品モニター
  • 覆面調査
  • 内職
  • ネットワークビジネス
  • パート勤務

 

■それぞれの問題点を知っておこう!

・アンケートモニター:5円~30円と単価が低い。不定期。
・商品モニター:ライティングを要する場合が多い。稼げない。
・覆面調査:報酬は高めだが、常に仕事があるわけではない。
・内職:単価が1円を切るため、長時間頑張っても稼げない。
・ネットワークビジネス:バカ高い商品を売るため、信用を失う。お金を得る代わりに友人を失くす。
・パート:短時間勤務や土日休みなどの好条件が難しい。急に休むのが難しいこともある。

■WEBライターとは

WEBライターというのは、インターネット記事を専門に書く仕事のことを指します。
書籍や雑誌などのライターとは異なり、初心者でも始めやすいというのが利点です。
しかし、書き方にはコツがあり、それを知っているか否かでプロとアマチュアの差が歴然です。
もちろんプロライターのほうが単価が高いのはお分かりですね。

■WEBライターが書く記事とは?

  • まとめサイト(多いときに月50本ほどまとめ記事を書く)
  • 商品の宣伝(A-BIKEのレビュー)
  • 恋愛系サイト(旦那の愚痴、どんな彼氏と付き合ってきたか?男性を落とす技)
  • 商品レビュー記事(大手企業の新商品の口コミ記事100人分)

 

■WEBライターに求められるスキルとは?

よく、「WEBライターって難しいんじゃないの?」というご質問をいただきます。

また、「ライター!凄いね!」と言われることもあります。

でも、WEBライターを始めるに当たり難しいスキルは特に必要ありません。

誰にでも理解できる文章を書くことさえできればそれでOKです。

むしろ一般の主婦の方のほうがWEBライターには適任です。

■WEBライターとその他ライターの違い

<新聞・雑誌のライター>

  • 経験が必要
  • 専門知識が必要
  • 今すぐ始めるのは不可能
  • 仕事受注にはコネが必要

<WEBライター>

  • 知識・経験は必要なし
  • 女性が重宝されている
  • 仕事受注においてコネが不必要

 

■優秀なライターとそうでないライターの違い

<優秀なWEBライター>

  • 社会の流れに応じたニーズのある記事が書ける
  • わかりやすい・読みやすい文章を書ける
  • 文法の基礎をおさえている
  • 仕事に時間をかけすぎない

<アマチュアWEBライター>

  • 文法の基礎がまるでダメ
  • こだわりが強く時間がかかる
  • やっつけ仕事が多い
  • 臨機応変な対応が出来ない

このように、WEBライターになるのは簡単です。

文章を書くことさえできれば誰にでも出来るお仕事です。

でも、ライターとしての能力次第で受け取る金額が違ってくるのも事実です。

どうせやるなら、少しでも多くの金額を稼ぎたいですよね。

そのためには、ライティングスキルを習得することが必要になります。
 
※続きはこちら
⇒ Part.3 在宅WEBライターの始め方

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る