在宅WEBライター養成セミナーPart.7 文章を書く際に気をつけること

今日からあなたもプロライター『水原咲のライティングセミナー』
第7回 文章を書く際に気をつけること

今回は、文章を書く際に気をつけるべきポイントについて解説します。
やはりWEBライターとしてお金を稼ぐ以上、
プロとしての意識を持つことがとても大事です。

誤字脱字に気をつけるのはもちろんですが、
それ以外にも意識しておかなければいかないことがあります。
クライアントから継続して仕事を頂くためにも、
正しい文章の書き方をマスターしておきましょう。
 

■文章を書く際に気をつけること

  • 句読点の付け方
  • 文章の区切り方
  • 文末表現の工夫
  • !や?の使い方
  • 文章を短くまとめるコツ
  • 段落の分け方
  • タイトルのつけ方
  • 芸能人に敬称は必要?
  • より読みやすい文章とは?
  • こんな表現はルール違反
  • 敬語の使い方に注意
  • 化粧品記事には要注意
  • 医療系記事にも要注意
  • ターゲット選定
  • 女性らしい文章の書き方

(※詳しくは、「水原咲のライティング講座」で解説しています。)

これらのことを心がけながら文章を書いていきましょう。

これを意識して書かれているかどうかで、
文章はまったく違ってきます。
これを知らないで、
ただ自分の書きたいように書いているライターさんが意外に多いんですよね。
 

少し読むだけで書き手のレベルはすぐに分かるものです。
ここで挙げたポイントさえしっかり抑えていれば、
プロっぽい文章が書けるようになります。
ぜひ覚えておいてください。
 

最後にみなさんにお伝えしたいことがあります。

これまでライティングしましょうと言ってきましたが、
別にライティングじゃなくてもいいんです。
自分に適した働き方をしてください。

主婦は家事や育児など本当に毎日忙しいですよね。
そこで、なるべく負担のかからない仕事をしてもらいたいんですね。

私は1日3時間しか働かなくて、
自分の好きなことをさせてもらっています。
WEBライターの仕事がとても楽しいと感じています。
なので、水原は個人的にWEBライターをおすすめしているだけです。

WEBライターの仕事は、
ご主人に内緒でお小遣い稼ぎすることも可能です。
私は主人にどんな仕事をしているのか、
全部包み隠さず話しています。

でも中にはご主人には言えない場合もありますよね。
WEBライターはそんなときでも大丈夫です。
身内にバレてしまう心配もなく、安心して働くことができます。
 
また、ライターとしての稼ぎを得たら
たまには自分へのご褒美もしてください。
美味しいランチバイキングに行ったり、欲しい洋服を買ったり。

些細なことで構いません。
自分へのご褒美が、また次のやる気につながります。

WEBライターで稼げるようになると、
好きなものを買うときにイチイチおねだりする必要もなくなります。

専業主婦の方だとご主人のお給料で生活することになりますよね。
子供がいるご家庭だと、
自分の好きなものを気軽に欲しいと言えなくなってきますよね。

私の主人は5歳下で、まだ23歳です。
社会人として働き始めたばかりなので、
お給料の額は正直言って少ないです。
そのため、彼に欲しいものを買ってとは言えず、
自分で買ってしまいます。
これもWEBライターの稼ぎがあるからできることです。

月に1万でも2万でも収入があれば、
美味しいものを食べたりエステに行ったりできますよね。
自分に合った働き方で報酬を得て、
より良い暮らしを目指してください。
 

別に私はクラウドソーシングの回し者ではありません。
WEBライターの仕事を推薦してマージンが入ってくることもありません。

一人でも多くの主婦の方に、
自分らしいライフスタイルを見つけて欲しいと思っています。
そして、より良い暮らしへと導かれていくことを願っています。
 

今日からあたなもプロライター!!

水原咲のライティングセミナー

ご静聴ありがとうございました。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る