クラウドワークスでタスク形式の仕事を効率よく探す方法

私がクラウドワークスで仕事を受注するとき、どのように仕事を探しているかお伝えしましょう!
私が実際に使っている画面で説明していきます。
 

まずは、マイページから【仕事を探す】をクリックしましょう。
そうしますと、募集をしている仕事の一覧が出てきます。

どんなカテゴリーの仕事が出てくるかは、人それぞれです。
というのも、最初の登録の際に「得意な仕事」というのを選択したかと思います。
そのカテゴリーの仕事が表示されるわけです。
 

まずは表示順に関して注意していただきたいのが、1番上はクライアントが特別料金を払って上に表示されるようにしている案件です。

急ぎで募集したいクライアントや、「募集1,000件」など件数が多い案件の場合、ワーカーをいち早く集めるために、クライアントは別料金を支払って、仕事内容を上に表示させるようにしています。
 

このままの表示順だと少し見にくいので、表示順を操作していきましょう。
表示順を【人気順】に並べて見てください。

人気がある案件は、多くの人が手につけやすい案件という訳なので、初心者の方におすすめです。
ただし、人気のあるものは低単価の案件であることが多いです。

1件1円~10円といった低単価の案件は、いくら簡単とはいえ出来れば避けたいものです。
最低でも50円~100円の案件を選ぶようにすると効率が良くなるかと思います。
 

少し慣れてきて「しっかり稼ぎたい」という思いが強い方は【金額の高い順】に並べてみましょう。
そうしますと、高単価の案件がずらりと並びます。
その中で書きやすいものをチョイスすると良いでしょう。

例えば、脱毛サロンへ行った経験があるという方は「脱毛サロンの体験談」などはスラスラと書けるかと思います。
 

このように、条件が限定されていたり、専門知識を要する案件になると単価が高くなります。

タスク案件から仕事を選ぶ際、私はできるだけ1,000円以上のものを選ぶようにしています。
3,000~10,000文字程度の、ボリュームがある案件を選ぶと、非常に効率良く稼ぐことが出来ます。
 

ただし、文章初心者がいきなり文字ボリュームのある記事を書くのは難しいかと思います。
しっかりとライティングの基礎をおさえてから案件へ応募するようにしたほうが高単価の案件を狙えるのでおすすめです。

テキストで勉強したり、ライティング講座を受講してみてはいかがでしょうか?
⇒ 『水原咲のライティング講座』はこちら
 

という訳で、タスクでの仕事選びで重要なのは以下の5つです。

  1. 初心者は案件を【人気順】に並べよう
  2. 慣れてきたら【報酬の高い順】に並べよう
  3. 500~1,000円以上の案件が狙い目
  4. 文字ボリュームのある案件へチャレンジしよう
  5. ライティングの基礎を勉強しよう

皆さんも、是非、参考にしてライティング案件を受注してみてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る