ライティングのテーマ決めとキーワードの選び方

タスク案件で「脱毛サロンについての記事を募集します」というような、ざっくりとした内容の依頼があります。
また、私がよく個人依頼で受ける案件の中に「ダイエットに関する記事を50本書いてください。1記事1,000文字でお願いします」など、まとめて依頼されるものがあります。

このように大まかな内容のみ指示されていると「どんなテーマで書いていけばいいの?」と悩んでしまいますよね。
ダイエットに関して50本も書くなんてどうしよう…と悩んでしまいますよね。

さて、テーマを考えていきましょう。
 

私が普段使用している方法をお伝えします。
まずは、Google検索に「ダイエット」と打ち込みましょう。
すると、予測ワードがずらりと表示されます。まずは、このキーワードを書き並べてみましょう。

  • ダイエット 食事
  • ダイエット サプリ
  • ダイエット レシピ
  • ダイエット 運動
  • ダイエット ブログ
  • ダイエット アプリ

ここからテーマを考えていきましょう。
 

「ダイエット 食事」に関して考えていくと、「食事」の中には「朝食」「昼食」「夕食」「飲み物」「間食」などがあるかと思います。
また、「コンビニお菓子」「コンビニパン」「おつまみ」などもあるかと思います。
 

これらのキーワードから、テーマ決めをしていきましょう。

「ダイエット 朝食」だと、「ダイエット中の朝食はどうすればいいの?おすすめ◯選」でいかがでしょうか?「ダイエット 昼食」だったら「ダイエット中の昼食ならコレ!ベスト◯」など。

逆転の発想をしてみると、「ダイエット 夕食」だったら「ダイエット中の夕食、コレだけはNG◯選」なども考えられますね!
 

「ダイエット 朝食」というキーワードだけでも「ダイエットの朝食で食べていいもの」「ダイエットの朝食で食べちゃダメなもの」「ダイエット中の朝食で人気のもの」「モデルの◯◯さんオススメの朝食メニュー」など、いろんなバリエーションがありますよね。
人気ランキングにすると、読む側も楽しめる記事になりますよね。
 

こういう風に、自分でタイトルを決めて書けるようになると、クライアントも丸投げしてくれるようになります。
1つのキーワードで50記事~100記事などの発注を受けると、似たような構成を使うことも出来るので、かなり効率よく仕事を勧めていくことができます。
 

「1記事2,000文字2,000円」という仕事だったら、1時間で1記事かくことが余裕で出来るかと思います。
そうすると時給2,000円ですね!

是非、ライティングスキルとともに、こういうテーマ決めのスキルも上げていってくださいね♪

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る