【これだけは身につけたい】在宅ライターに必要な4つのスキルとは!?

在宅ライターをするうえで、必要な資格はありません。
しかし、必要になってくるスキルはいくつかあります。
 

1.タイピング能力

まず1つ目は、タイピング能力です。
ブラインドタッチが必須という訳ではありませんが、ある程度の速度でタイピング出来るようになっておくと良いかと思います。

というのも、例えば2,000文字の仕事依頼が来たとしたら、それを約1時間で終わらせることが出来るくらいにはなっておきましょう。
どんなに文字単価の高い仕事を受けても、ダラダラとやっていては稼げません。

タイピングが速ければ速いほど、1時間あたりの報酬額は上がります。
無料で遊べるタイピングサイトや、タイピングソフトなどもありますので、苦手な方は練習してみてください。
 

2.文章力

2つ目は、文章力です。

今まで文章を書く機会って、そう多くなかったと思います。
小学生の頃の作文くらいではないでしょうか。大人になったら、履歴書くらいでしか文章を書くタイミングってないですよね。

ライターとして活躍できるのは、しっかり文章力のある人だと思います。
基礎のスキルを身に着けている人と、そうでない人は、文章を見ればすぐに分かってしまいます。

文章スキルの高い人ほど、高単価の案件をまわしてもらえるようになります。
是非、文章力を鍛えてください。
 

3.構成力

必要なスキル3つ目は、構成力です。
ある程度まとまった文章を書く際、見出しを考えたり、段落ごとにある程度の文字数を振り分けたりと、文章を書く前に構成を考える必要があります。

この、構成を上手に作ることが出来ると、文章がスラスラと頭に浮かんできます。
オンライン講座を受講したり、本を読んだりなど、独学で学ぶと良いでしょう。
⇒ 水原咲のライティング講座
 

4.SEOの知識

ライターとして必要なスキル4つ目は、SEOに関する知識です。
アフィリエイト案件や、まとめサイトの記事執筆などにおいては、検索上位にページを表示させるスキルがあると便利です。

クライアントが「このライターに頼むと、いいページに仕上がる」「この人が宣伝した商品は売れる」という感想を持てば、次から次へと仕事が舞い込んできます。
是非、SEOに関する知識も身につけてください。
 

という訳で、在宅ライターに必要なスキルは以下の4つです。
 
1.タイピング能力
2.文章力
3.構成力
4.SEOに関する知識
 

これらのスキルを身につけるには、これらに長けている方の講義を受けたり、著書を読んだり、そうして「真似る」ことが手っ取り早いかと思います。
スキルを身に着けて、ただの「在宅ライター」ではなく、「稼げる在宅ライター」になりましょう!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る