文字単価から見る、ライティング案件の選び方

以下の5つの仕事があるとします。あなたなら、どの案件を選びますか?

【1】1記事5,000円(美容・コスメ・ファッション)

【2】経験者限定!1件1万円(美容)

【3】2,000文字以上700円(子育て・育児・妊娠・出産)

【4】単価2,000円(女性向け恋愛・生活総合)

【5】1,500文字で500円(エンタメ)

 

それでは、今度は文字数に注目してみましょう。

【1】4,000~7,000文字

【2】3,000~5,000文字

【3】2,000文字

【4】4,000~5,000文字

【5】1,500文字

 

初心者ライターでしたら、1時間に1,500文字を執筆するとしましょう。
それぞれの案件にかかる時間は以下のとおりです。

【1】2時間40分~4時間40分

【2】2時間~3時間20分

【3】1時間20分

【4】2時間40分~3時間20分

【5】1時間

 

次は、文字単価に注目してみます。
それぞれの文字単価は以下のとおりです。

【1】0.7~1.3円

【2】2.0~3.0円

【3】0.3円

【4】0.4~0.5円

【5】0.3円

 

さて、あなたならどの仕事を選びますか?

 

まずは、あなたが仕事に費やせる時間を把握しましょう。
2時間しか時間が取れないのに、2時間以上かかりそうな案件は引き受けてはいけません。

 

次に「経験者か否か」にも注目です。
経験者でないのに経験者限定の案件には応募しないほうが良いかと思います。
高クオリティのものを求めているという前提なので、結構チェックが厳し目です。

 

さて、出来れば文字単価の高い案件を狙っていきたいところですね。
目安としては、文字単価が0.7円以上になるようにしてみてはいかがでしょうか?

0.7円未満の案件をこなすのも悪くはありませんが、時間をかけた割に稼げないとなると、なんだかやる気が削がれてしまいますよね。
0.7円というのを目安にしてみてください。

ある程度タスク案件をたくさんこなして、「もう大丈夫!ライティングには慣れたよ」という自信がある方でしたら、是非とも文字単価1.0円以上の案件を狙っていきましょう!

 

あとは、ご自身のお得意なジャンルを狙ってください。
どれだけ条件が良くても、苦手なジャンルを選ぶと手間取ってしまいます。
書きやすいジャンルの案件を選ぶというのも、重要なポイントになってきます。

複数の案件で迷ったら、今回の動画を参考にしていただければと思います。

 

ちなみに…

 

私だったら間違いなく【1】か【2】の案件に応募します。
時給換算にして5,000円~10,000円なので、コレは非常にオイシイですよね。

皆さんも是非、宝探し感覚で掘り出し物の案件を見つけてください!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る