私がクラウドソーシングの利用を推奨する5つの理由

ライター初心者の方、ライター歴の浅い方は、まずクラウドソーシングを利用して記事執筆をするのがおすすめです。
私がクラウドソーシングを推奨するのには、5つの理由があります。
 

1.業界トップクラスの仕事数

クラウドソーシング上でライターを募集している仕事は、数え切れないほどたくさんあります。
例えば、ランサーズの依頼件数でいうと2016年3月時点で934,671件です。
利用社数も12万社以上と、かなり多いですよね。

プロ向けの仕事もあれば、初心者向けの仕事もあります。
幅広いジャンルから仕事を選ぶことが出来るので、クラウドソーシング利用がおすすめです。
 

2.報酬が仮入金なので安心

個人対個人のやり取りだと、報酬をいつ振り込んでもらうのか決めなければなりません。
ライターとしては、執筆する前に報酬をいただきたいですよね。
しかし、依頼主にとっては、きちんと納品されてから報酬を支払いたいものです。

だいたいのクラウドソーシングでは、エスクローサービスを取り入れています。
仕事を受注すると決まった時点で、クライアントは報酬の仮払いをおこないます。

その報酬はサイト側にいったんプールされます。
私たち受注側が以来物を納品した時点でクライアントは検収を行い、OKのサインを出したら報酬が受注者に振り込まれるのです。

報酬の未払いを防ぐことが出いるため、安心して仕事をすることが出来ます。
 

3.ボーナス制度がある

クラウドソーシングによっては、ボーナス制度を導入しているサイトもあります。
年に1回ないしは2回、サイト側は各ワーカーの仕事受注の金額に比例してボーナス算定をおこないます。

通常だと個人事業主がボーナスをもらえることはないので、こうした制度は嬉しいですよね。
 

4.月2回の支払い

多くのクラウドソーシングでは、報酬の支払いが月2回あります。
月に2回、給料日があるような感じなので、気持ち的に余裕を持っていられます。
もちろん月1の振込も可能ですし、キャリーオーバーすることも可能です。

さらに、クイック出金サービスをおこなっているサイトもあります。
既に報酬が確定している分を、3営業日位に振り込んでもらえるよう依頼することが出来るという制度です。

稼いだお金をすぐ手元に置きたいという方には良いのではないでしょうか。
 

5.タスクの制限時間が長め

サイトによりますが、タスクの制限時間はだいたい90分~2時間となっています。
慣れない方でも、ゆっくりとタスク作業をこなすことができます。

制限時間を長めに設けてもられるところも良い点かと思います。
 

自分のペースで仕事をできるのが、クラウドソーシング利用の魅力かと思います。
ライターデビューしたい方は、是非クラウドソーシングでの仕事受注から始めてみてくださいね!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る