在宅ライターが知っておくべき文字単価交渉術をこっそり暴露!

文字単価を交渉したい。
けれども、やり方が分からないがゆえに低単価の案件を引き受けているという方が多いと聞きました。

低単価の案件ばかり引き受けて「稼げないライター」になるのは残念ですよね。

そこで今回、皆さんには提示されている報酬金額よりも高い金額で仕事を受注する技をお教えしたいと思います。
 

クラウドソーシングでより高い金額で仕事を受注する方法

例えば、文字数が2,000~3,000文字の記事を書いてほしいという案件があったとします。

カテゴリーはブログライティング、ジャンルは住まい・生活で、報酬は700円となっています。
おそらく住宅に関することや節約術など、生活の知恵に関する記事を募集しているのかと思います。

いかがでしょう?
この案件、あなたなら引き受けますか?

もし、あなたが生活の知恵をたくさん持っていて、このジャンルに興味があるのであれば、引き受けたいと思うでしょう。

しかし、1つ引っかかることがありますよね。
それは、報酬の金額です。
文字単価にして0.2~0.4円なので、少し低いかな…という印象です。

単発案件ならまだしも、これから数ヶ月は継続する案件であるならば、出来ればもう少し引き上げておきたいところです。
ライティング案件を引き受ける際、出来れば文字単価を1.0円以上にしてもらいたいものです。
 

もし私だったら、仕事へ応募する際に、報酬金額の交渉をおこないます。

今までの仕事経歴を説明し、執筆した文章を添付してクライアントへ送ります。
そして、「もし可能であれば文字単価0.7円でお引き受けすることは可能でしょうか?」など、交渉に関する文章を書き添えます。

条件をのんでもらえることもあれば、残念ながらお断りされることもあります。
しかし、1度ダメもとで交渉してみる価値は大アリです。
 

交渉の際に書き添える3つの事柄

交渉する際に、書き添えておきたいことが3つあります。

  1. これまでやってきた仕事の内容
  2. 納品頻度の目安
  3. 報酬を上げて欲しい理由

1つ目は「今までにやった仕事の内容」です。

2つ目は「ひと月(1週間)にどれくらいの本数を納品できるか」です。
クライアントによっては、多く納品してくれる人には高額を支払っても良いという人もいます。

3つ目は報酬を上げてほしいとお願いする理由です。
「生活がかかっておりまして…」など、下からお願いするような感じで理由を伝えてみてください。
お相手も心を持った人間なので、話を分かってくれることが多いです。
是非、ダメもとでお願いしてみてください。
 

さて、いかがでしょうか?

もしライターとしてデビューされて、既に20件ほど仕事を受けている方であれば、文字単価や報酬の交渉をしてみてください。
得意なジャンルであれば、自信を持って交渉できるかと思います。

ただし、交渉する以上は、それに見合う記事を書くこと、そして可能な限り納品スピードを上げることなど、お相手のことも気遣って差し上げてくださいね。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール


このブログを書いている水原咲です。
在宅WEBライターとして活動しています。
>>プロフィールの詳細はこちらをご覧ください

ページ上部へ戻る